モノトーンの伝説日記

スプラトゥーンが大好き。

スプラマニューバーは何故不動の1位前衛ブキなのか

 ブキパワーには秘訣がありました。

 少し前提として知識が必要なので,それについて順番に解説していきたいと思います。

1. 拡散について

 詳しくは以下の記事でも解説してあります。

mntone.hateblo.jp

 簡単に言えば,最大拡散 DegRandom と拡散度合い KDeg(射撃すればするほど悪化する), 拡散乱数 DegRange の 3 変数によって実際の拡散が求まるということです。ここでの KDegDegRange は変数で実戦の感覚として打てば打つほど(連戦で KDeg が十分にリセットされないケースも存在する)悪化するというものです。

 この仮説が正しいとすれば,最大拡散である DegRandom が最悪ケースを表しているわけです。

2. †スプラマニューバー† は初期性能を引き継いでいるのが強い理由。

 スプラマニューバーはもともとスプラシューターより圧倒的に射程が短いブキでした。そのため,最大拡散が低く設定されているというブキ特性が今もなお残っています*1

f:id:mntone:20181112103548p:plain:w640

f:id:mntone:20181112103557p:plain:w640

f:id:mntone:20181112110433p:plain:w450

f:id:mntone:20181112104902p:plain:w640

f:id:mntone:20181112103606p:plain:w680

 さらに当たり判定拡大ももらっていますね。

 個人的な感想として,当たり判定 1.25倍 (半径) になり,拡散が低いブキは "さらに" 当たるというわけです。

  • ケルビン525 の立ちうちは連射速度が遅く,乱数が良ければ当たるけど,悪ければ当たらない立ちうちになっています。
  • デュアルスイーパーでは,普段は立ちうちで敵に詰められたときのみ後ろスライドで集弾率をよくして迎え撃つのでほぼ負けない構図になっています。

 一方で,

  • スパッタリーWWWWWW 立ちうち拡散ひどすぎてあたんねーよWWWWWW
  • クアッドホッパー「我は 4回スライドできる。スライド使えばいいんじゃー!」

って感じで…… 昨日スパッタリーを使ってナワバリを遊んでいたんですが,スプラマニューバーで身についた立ちうち運用が多くて当たらなすぎて……

 一方で,シャープマーカーとかいうシューターで特殊なブキがあります。通常射ちでもジャンプうちでも拡散 0°という。

 実はこいつ直近のフェスで使っていたんですが,思ったように弾が飛ぶストレスのなさを感じて,対面で撃ち負けるの乱数が多いのかな…… って最近思うようになりました(自然とスプラマニューバーベッチューを持っていたのもこの拡散のひどさが根底にあると思います。シャープマーカーはスペシャル的にナワバリ専用で,ナワバリ以外のガチルールになると,マニュコラやマニュ別といったブキがいいとなります)。

3. 上方 or 下方修正案

 まずベースとして,スプラマニューバーを環境から排除したいのなら拡散をナーフする。これだけです。これをすればいいと。

 一方でシューターを復権させるためには次のようにすればいいです。

 通常撃ちでの拡散を 4° 以下にする。シャープマーカーと差別化したいなら 4° 程度が妥当。

 そしてジャンプ撃ちは基本通常の 2 倍=8° にする。

 これだけで相当強くなるのかなーって。N-ZAP85 は拡散のひどさをヒト速の打ち合いで誤魔化すんですね,スプラシューターはキル速で誤魔化すものの,拡散で外れたときのリスクが高いブキなんですね,って感じで,今はマニュコラやマニュ別,H3D にそれぞれ役割を置き換えているイメージはあるので,拡散を少しよくするだけで使い勝手はかなり良くなると思うんですよね。

 そもそもマニューバーの拡散が 2° じゃなければ,当たり判定でかくしてもしなくても,環境にスプラマニューバーいなかったんじゃないんですかね? スプラマニューバーの本当に強いところってまっすぐ飛ぶ素直な弾って印象があって。そもそも理論値が強いって考えると,この記事を書いているモノトーンの感覚は間違ってないんじゃないのかな,っていう結論に至りました。

 余談ですが,任天堂は拡散を悪くすることで,塗りを強くするという効果があるという認識をしているようです。これは私も同意します。拡散が悪くないブキはヒト移動や AIM による塗りが必要となります。しかし,AIM やヒト移動などのキャラコンなしで塗りを強化するのは,「無印の初期の右も左も分からない,キャラコンも下手くそな時代のため」という風に今は思っています。もはや,塗りはマップで見たとき塗るところがないぐらい塗るのが当たり前の時代(ガチナワバリ)な訳でこの拡散は正直塗るときに余計な印象です(そもそも初心者向けの拡散がひどいものはわかばシューターやプロモデラーに役割を与えて他のシューターは差別化すべきだと考えます)。

まとめ

 シャープマーカー,スプラマニューバー,L3リールガン,H3リールガン,ボトルガイザー(タップ)は拡散が低いので強い。

 スライド後クアッドホッパーは拡散が 2.7° とスシの射程を超えながら圧倒的拡散の低さで安定してキルを取れる性能。

 拡散は低い方が間違いなく強い。

 感覚的に全てが証明されていると,逆に裏付けることはほぼ可能。