モノトーンの伝説日記

スプラトゥーンが大好き。

色々なハイパープレッサー弱体化案

 色々考えてるハイプレナーフ案を投下したいと思います。

1. 99.9 カウントストップ

 ハイパープレッサーのみでキルできないようにする。アメフラシも同様にしてもいいと思う。協力が主体のゲームであるからこそ,ハイプレでフィニッシュを決めるのではなく,味方前衛が前に行くことを目的としたアップデート。

 これのいいところは,ハイパープレッサーの上手い人ほど,ダメージを入れて支援しやすくなるということ。前衛は味方がハイパープレッサーを吐いている時に必ず前に出ないとキルを獲得することができないため,単純にハイプレ上手い人だけでは試合は成り立たない。

2. ハイパープレッサーにキルされた場合のみ,復活時間短縮の無条件発動 または ハイパープレッサーを利用している側の復活ペナルティアップ無効化,あるいはその両方

 復活ペナルティアップを積んでいるハイパープレッサーが害悪すぎるので,それに対する条件緩和をする。

 現に,バレルスピナーといったブキで復活ペナルティアップを積むのは難しいが,チャージャーは余裕で積むことができる。その差をなくすための対応。

 復活時間短縮の無条件発動はハイパープレッサーでキル取られた場合のデスを軽くするということ。これは全てのハイパープレッサー持ちブキに対して有効である。

3. 〜初心者にも使いやすく〜 ハイパープレッサーの性能をいじる。

 現行のハイパープレッサーは 2 dmg/f であり,50f で溶ける。

 これを,5 dmg/f などに変更し,20f でキル取れるようにする。代わりに発動時間は 7.75 秒から 3.5 秒に下方修正。初心者でも使いやすい修正である。

 スペシャル性能アップでは,衝撃波が出るまでの時間を 1.5 秒から 0.75 秒まで短くできるように。スペシャル時間延長機能としては 3.5 → 5.0 と 1.5 秒だけ伸びるように。

 これはいわゆる低ウデマエ帯での性能と高ウデマエ帯での性能を近づけるための変更です。50f で溶けてたのが 20f で解けるようになるので,キル性能は上がります。根本的な解決にはなりませんが,これによってハイパープレッサー持ちのスペシャル必要ポイントの全体的な増加と,この改変ハイパープレッサーにさらなる弱体化も入る可能性はあります。

 まあ,この改変は上手い人は絶対使いこなせるのであまり根本的な解決にはなっていません……

4. 衝撃波が貫通できるのを壁 2 枚までにする。

 壁 1 枚で衝撃波直径を半分,壁 2 枚で衝撃波が完全に消えるようにする。

 この調整は細長いいわゆる中心部分を当てなければリスプレが成功しないことを意味します。

 正直この調整はカジュアル勢が完全に死んでしまう調整なので,おそらくこういう方向での調整は不可能だと思います……

 まあこういう案もあるということで。

まとめ 〜 結局初期から変わらないスプラトゥーン2 環境

 どこまでいっても最初から最後までハイプレが強い,こんな環境無印にありましたかね?

 正直今の任天堂ってナワバリしか見てないのかな? って思ったりします…… ナワバリにおいては結構いいバランスだと思うんですが,実際対抗戦で初動でハイプレ吐く,みたいな異常な光景を目にすると「このゲーム,全然対面が発生しなくて面白くなさそう」って思われても仕方ないのかなーって思ったりします。

 最後の最後まで「Sting Ray Gaming!」と言わないためにもなんらかの調整が入ることを期待しています。