モノトーンの伝説日記

スプラトゥーンが大好き。

<mini> 中二病でも恋がしたい!/戀 を Hulu で見てました。 & 雑記

 ちょっと感想もかねて。

 もともと興味を持ったのは確か中二病 (1期) の OP だけ知っていたってところだったと思います。

 アニポケ見逃しに hulu 入ったので,そのまま契約解除するのめんどうくさくてしてなかったんですが,前々から気になっていた中二病はとりあえず目を付けていました。

 人を覚えるのが苦手な自分は,登場人物覚えるのがとても苦手なんですね,名前なんて特に。このキャラはあんまり立ってないからって全然名前覚えてなかったりいろいろあるんですよね。そういう感じで 4 話あたりぐらいまでは「痛いなーW」って思いつつ,笑いながら見てたんですね。

 軽い重いに関係なければ,まあ誰しもが中二病は通ってきた道だと思いますけどね,さすがに自分はここまで痛くなかったかもw 小さい頃は自分が世界の中心で自分がいなければ世界は滅びるみたいなそういう思考ですからね,仕方ないですけど。

 1 期はラブコメというより「アイデンティティ」とかのいわゆる青春にスポットを当てている印象で面白かったですね。まあいわゆる中二病みたいな黒歴史を切り捨てたいみたいな。今日から大人になるんだ! といって背伸びするやつですね。実際問題として,背伸びしたところでできることはあまり変わらないってやつですよねー。

 自分自身,こう大人に憧れとか特になかったし,こういう背伸びした経験はまあないんですけどね。むしろこういう大人にはなりたくないっていう明確なものはあった気がしますけどね。育ってきた環境もあって「普通」とは何なのか,とかそのあたりに敏感。というか,まあ自分は普通なんて存在しない,むしろ普通はつまらない存在だとしか思ってないので。きつい表現をすれば,普通とは格のない人間である。自己がないブレブレの人である,みたいな印象しかいまだにないですが。

 まあそれはさておき,中二病を捨てたところで大人になれるわけでもなく,むしろそれをいい思い出だったなって笑って言えるぐらいにまでなるのはまああの年では難しいんだろうな,って。なかなか先の展開が読めなかったんですけど,結局中二病でいる,っていう風になっていくわけですけど。

 それで 2 期。こっちは完全にラブコメって感じでしたね。まあ自分の性格は乙女みたいなところあるの理解しているので,ラブコメは割と好きな方ですね。

 いろいろあるけど,特にあったのが,七宮に感情移入してしまいましたね。気づけよ,富樫! って感じですよ,ほんと。まあ男は鈍いものですね,これはまあわかります,自分の小さいころ絶対そうですもんw 七宮の立場になると,「あ,これ失恋だな…」みたいなところでほんと泣いてしまったなーって感じですね,まあつらい。

 実際問題として,好きだから自分が退けば,好きな人が幸せになれるんだ,って思考はわかってしまうので余計つらい。私なんかもそういう思考ですからね。まず自分を蔑むってのはよくあるはなしです,まあ七宮の場合はちょっと特殊ですけどね。昔で会ってるときに,恋してる,けど恋してるから中二病なんてどうでもいいんだ,いやでも中二病をやめてしまったら富樫君はどっかいってしまうんじゃないか? もしかしたら告ったら振られてもう二度とこの関係に戻れないんじゃないか? みたいな恋する乙女みたいな感じ書かれてていいですよね。

 割とああいう描写好きで,そして自分も勘定移入しちゃうっていう。

 また,姉の少し不器用そうだけど,七宮が恋してるの見抜いたりとさすがだな,とw

 最後の最後はいい雰囲気のところで電話くるなんて!! ほんとありえない!! って感じでしたねw

 1 期はちょっと中二病見るのきつい人にはきついかもしれませんが,割と好きですね。まあ割と自分の好きな,「普通」とは何なのか,「個性」とは何なのか。そういうアイデンティティに扱うのは嫌いじゃないです。背伸びして大人になってみるも,現実は無力だってことを思い知らされ,現実はコツコツやらないといけない,ってわからされるというかw 自己形成はほんと大事な成長過程ですが。

 2 期はまあラブコメなんで,まあおいておいて…

 個人的に丹生谷のキャラが最初ただの委員長キャラなのかな? って思ってたんですが,回を重ねるにつれて一番面白かったキャラかもしれない。動きを読めなかったという意味でね。結局,こう大人っぽい趣味というか,まあいわゆる世間一般に委員長でチアみたいな,いわゆる自分の作り出す虚像を目指すわけですけどね,実際それが全員に合うわけじゃないっていう話ですよね。結局,自分で虚像を作り上げて,それに縛られるっていう。

 挑戦することが悪いことだとは思わないし,まあ何事も若いうちは挑戦,って思いますけどね。歳を重ねるとやっぱけがの治り遅くなったり,やりたいこともできなくなったりするわけじゃないですか? このブログ書いてる人はまあ若い方なんですけどね。やっぱスプラトゥーンやってて感じますよ,「あと 3 歳わかければ…」って。歳は隠せない。だから若いうちに経験することは悪くないことなのかな,って今思うと感じますね。

 唐突ですけど,個人的に人生でやりたいことってあんまないですけど,まあジェット機とは言わずセスナ機とかで遊覧してみたいなぁとは思ったりはしますね。難しい話ですけど。

 PC とかそういう自分の好きな環境はまあ比較的若いうちにいろいろ手に入ってしまったので,もうそこにはあまり興味がないというか,必要があれば買えばいいんじゃね,ってのが最近の思考になりつつありますね。

 長々と書いてまいりましたが,映画の中二病,Take On Me のほうどうやってみようかいろいろ考えています… 時期が時期なのでハロウィン上映も無理っぽかったのでどうしようかなーと。

 今季は,続・終物語と禁書目録III ぐらいですが,続・終物語は映画館に見に行くか,それとも BD か TV 放映まで待つか悩んでます… ちょっと梅田のほうまで出ないといけないので億劫なんですよねぇ… まあ夏じゃないのでまだそれなりにましな格好できるからいいといえばいいんですけど,暑がりなのでね…

 とりあえず眠いのでそろそろこのあたりで終えようと思います。また機会あればアニメに関するブログ書くかも。思ったこと書くだけでつまらないとは思いますが,こんな文章を読んでいただきありがとうございます。それでは