モノトーンの伝説日記

OBS Studio と Blackmagic Design が大好き。

Mntone WinRT Library を公開しました。

 C++/CX でいけるところは C++/CX で、C# しか無理なところは C# で。というコンセプトライブラリー。

f:id:mntone:20151126154611p:plain:w300:left f:id:mntone:20151126155603p:plain:w340:left


概要

  1. 開発方針
  2. 今後の追加予定要素
  3. メンテナンス方針

1. 開発方針

 基本的に UI の開発便利にするようなことに関与しない位置にいるライブラリーを作ろうと思ってます。前の Xamcc は native よりで尚且つ謎の簡易ライブラリーとかいう意味不明な塊になってしまっていたので、正直自分でもメンテナンスしづらかったってのもありますし、何より managed な方面には全く関係ないものになっていました。

 とりあえず、3 つの方針があって

  1. よく使うものを C++/CX で実装!
  2. xaml で Binding できないけど、本来は Binding したいよね! っていう要素の Behavior 実装。
  3. 頻繁に使わないけど、たまに使いたいけど、書くのめんどくさいよ! という VisualTreeHelper2 みたいなやつ。

みたいな位置づけです。

 まあオレオレライブラリーなんで所詮基準はあいまいです。NuGet の配布ももちろんしますけど、もうちょっと整備したいクラスがあるので後ほど…

2. 今後の追加予定要素

 実は特にないんです…

 ただまあ、新規 SDK がそろそろ出るっぽいので、それで追加された API でいいのがあれば何か書いちゃうかも。

3. メンテナンス方針

 Windows 8.1, Windows Phone 8.1 へのバックポートもサポートしますが、基本的にこのライブラリーは UWP を軸足に置いて開発します。IkaConnect 開発で native から managed に書き換えたものもありますが、基本的に昔から使ってる秘伝のソース見たいな感じなのでバグはないと思います。ただテスト書いてないので知らないです。

 SDK が新しくなるごとにチェックぐらいはかけていきたい。まあよほどのことがない限り無効要素とかないんでしょうけどね。

 ざっとこんな感じ。使ってみてくださいー。

github.com

※ ストアの公開は後日を予定してます