読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノトーンの伝説日記

OBS Studio と Blackmagic Design が大好き。

動画見てたらすげー泣いてしまったので昇華させるために文章でも書こうかね

 どうもどうも。やっと現実を受け入れたっぽいわけだけど、クッソ泣いてるわけだ。まだ寝れてない。うーー

 悲しいな。強がってるからまだまだ大丈夫だと思ってた。でも無理はしないで、ってね。けどやっぱり無理があったのかなぁ、という感じで。悲しい。個人的にあの人よりすごく悲しい。家族のように悲しい。別にあの企業の社長だから好いてるわけじゃないって自分でもわかってるからなぁ。

 もちろんゼルダは好きだし、某企業も好きだけど、だからといって某企業のすべてのタイトル買うわけじゃないし、もちろんダメだって思うところはいっぱいある。まあそういうことはよくなってほしいから書くんだけどさ…

 個人的に彼は本当にすごい人だなって思ってて、どうしてあんなにいつも低姿勢でいられるんだろうなぁ、っていう、そこがすごいな、って思ってしまうわけです。彼自身もまさか今だとは思ってなかったんだろうけど、遅かれ早かれこの時が来るのは悟ってたみたいで、いろいろと着々とタスクをこなしていたのは今回のことで合点がいったと思いました。

 「いわっちがいるから大丈夫だろう」みたいなことをずっとずっと思ってたけどいなくなっちゃった。これからの某企業が本当に心配。といってもいわっちがいなくなってネットワークサービスに関しては某提携会社がノウハウ持ってるだろうし、そういう点から言って少しは安心なのかなーって思う私。

 あ、私はソーシャルゲームが好きなわけじゃないし、むしろ続かないって人で… ただだからといって馬鹿にしてるわけじゃないし、むしろ難しいことだと思うんですよね。数の暴力ってやっぱり恐ろしいですから。飽きられることが前提のコンテンツなわけですし。まあその話はさておき。

 少しは冷静に文章欠けるわけですけど、まあそれでも自分がどこまで冷静でこの文章を書けてるかわかりません。気を紛らわらすためにマイクラしたりとか(ぉぃ)、Splatoon したりとか。それでもやっぱり集中できないわけですよ。

 結局、最後の“直接”が 4 月 2 日の Direct になったわけですが。。。動画は非公開になってるので、代わりに niconico 側で。

 悲しいなぁ。

 いわっちが不幸だったのは周りに代わりになれる人がいなかったことかなぁ。これだけ時代についていって理解してるって人は周りに誰もいなかった。そして身近にいた人がそれを一番わかってて、きっと無理言ってでも休めっていえなかったことは後悔してるんでしょうね。推測にすぎませんけど、やっぱりあのときに無理にでもやめてほしかったなぁ、という。結局、自分は後回しになりがちなんですよね。自分が一番よく知ってるんですけど。

 自分なんてボロボロになってもいいから自分で自分のことも相手のことも抱えてしまってしまうって人で、まあこうやってブログ書いて少しは楽になったりとかしてるわけですけど、結構昔は自分でなんでも抱え込んでしまうタイプの人種であんまりいい言葉ではないですけど、「自殺」を考えてるみたいな子どもだった。

 いやね、自分に危害を加えても相手に危害加えちゃだめじゃない、みたいな典型的な人だったわけだよ。少なくとも今もこの気持ちはなくなってないし、だからといってこの気持ちを捨てなければならないって最近はわかってる。

 某アニメの引用になるかもしれないけれど、「誰にでも優しいってのは(自分では)あまり思ってないかもしれないけれど、それは相手にとって目に余る行為だよ」的な話。誰かを選ぶってことは残酷かもしれないけれど、でも誰かを選ばないといけないんだよ、みたいなのはつい最近気づかされた話。

 うーん、何だろうな、やっぱり全部を求めてしまう自分ってダメなのかなぁ。うーん。いまだに生活にそういう優柔不断な気持ちってあるのだよね。

 気持ちの整理がついてないので雑多な文章になってしまって申し訳ない。でも彼にはまだ生きてゲームを見てほしかったなぁっていう気持ちが強いなぁ。早すぎるよ。

 ってこんなことを思うと本当に涙が出てくるわけですよ。

 くっだらねー文章を書いてしまって申し訳ないしそしてあのツイートをみたあの瞬間、自分がフリーズして、人生初、いや 2 回目じゃないかな、こんなに固まってしまったの。しばらく何言ってるか理解できないってああなっちゃうのだなぁ… と。

 ただ、実は自分はそこまで某企業に思入れがないことは知ってるし、ゼルダっていう IP に思い入れがあるって感じなんだけど、まあいわっちも好きなんだよねってことになるわけで。仮にこれがいわっちじゃなかったらこんな記事も書いてないだろうし、とは思う。

 そうだね、彼が消費者に一番近いんだと思う。身近で。カリスマ社長だね。

 いや最近ポエムは書かないって思ってブログにはポエム書かないって思ってたんだけど今回ばかりは無理だった。無理すぎた。なんだよ、ほんと。早すぎだよ。何だろうな、俺を再びゲームに戻したのってこういう意味があったのかな。俺の某ゲーム機が本格稼働したのこの Direct みてからだよ… 何かあったのかなぁ。

 自分でもわからないけど、今年いろいろあったけど、そんなことどうでもよくなるぐらい、今回のことは衝撃的。ぶっちゃけ。バカやろうって言いたい。面と向かって言いたい。でも言えない。なんだろうな、ジョブズのときは静観できたし、ああ、なんで手術しなかったんだろう、って思った。した結果がこれだとは… なんだよ糞かよ。みたいな。

 時計見てびっくりしたんだけど、かれこれ 45 分も文章書いてるわ。うーん…

 いわっちはきっとゲーム業界の未来が明るいことを願ってるんだろうけど、私は消費者の立場として、一線を引くことになりそうなのは事実ですね。結局のところ、今の某企業の体制には賛成できないところが多々あって、結局そうなんだけど、E3 も糞だった。

 確かに最後の E3 が謝罪みたいので終わったのはとても残念だと思うけど、じゃあ E3 が糞だからと思っても言わないのが正しいの? って言われたら違うわけで。やっぱりくそなのは糞って言ってあげないといけないわけで。

 まあ残念なのは事実だけど、いいと感じたことはそれなりに書いてきたつもりだし、まだ書き足りないというならもっと書くべきかなーとは思う。確かに会員制サービスが終わってしまってそれを直接伝える手立てがなくなってしまった、ってのはあるけども…

 自分はあんまりこういうことは言わないのですが、最後に。ご冥福お祈りします。

 また、後日改めて書くべきことは書きましょうかね。なんかポエムでひどい。まあいわっちに対する記事だからこんなもんでいいのだけど。某企業について語ってるわけじゃないしね。

 はぁ、ぽっかり穴が開いてしまった。どうすればいいんだろう。わからない。明日もたぶんこの気持ちを引きずってしまうんだろうな…