モノトーンの伝説日記

OBS Studio と Blackmagic Design が大好き。

Cyanogen Mod 11 (Android 4.4.4) を Xperia arc に入れてみた!

 このブログの初ネタ「ICS arc のお話」の続編がとうとうやってきました! そうです、Xperia arcAndroid 4.4 すなわち KitKat の登場。今日はこれについて…

概要

  1. 格闘! fastboot…
  2. いざ、起動
  3. まとめ

1. 格闘! fastboot…

 まず fastboot にいれて CM11 の boot.img を flash しないといけないのですが、これを flash するために fastboot に入れる必要があります。しかし、fastboot に入るには bootloader unlock に入らないといけないです。

 故に、bootloader unlock の作業から始まりますが… 日本で発売された Xperia arc こと SO-01C は海外の Sony (もともとはソニエリだけど…) において公式にやってる bootloader unlock による解除は無理です! 事情はどこかで見つけたのですが、(1) boot.img の署名チェック解除、(2) fastboot モードへの突入ができないらしい… そこで有料で bootloader を unlock することに…

 とりあえず http://www.fastgsm.com/en にアクセスして機種 (SO-01C, LT15i とか選んだらどうなるかわかりませんw) 選んで、4.99 USD (安い! ほかのサービスだと 20 USD とか見かけた気がします…) 払って、ソフトダウンロードして、ログインして、YouTube の動画に従って結線して、特殊なモード (なんていうの?) にいれて、書き換え。

 おおう… *#*#7378423#*#* でみればちゃんと unlock されている…

 ここからは CM11 unofficial な手順に載っている通り、やっていけばおk。ドライバー周り悪戦苦闘すると思うけど頑張ってください (うまく入ってないと fastboot で img flash できない)。

 簡単に書くと、LT18i を flashmode で全部書き込み、cmd から CM11 の boot.img を flash して、CWM を起動。CWM から /system, /data, /cache をフォーマットし、CM11、Google Apps、そして WebView のパッチを適応。こんな感じ。

2. いざ、起動

 うひょwww なんだこれwwwww 初期に入ってた Android 2.3.2 とかアップデートの 2.3.4 とか日本で配布されてない 4.0.4 とかよりも軽いじゃないかwwwwww うはwwwwww

 ということで、スクショこんな感じ。

f:id:mntone:20150120084204p:plain

 ちなみに LT18i なやつをベースにして作っているので、1.4 GHz で駆動できますが、一応安全のため 1.2 GHz まで落として運用しています。まあたぶん大丈夫なのだけど、そこまでしなくても快適に動くので… (いや純正に入ってた最初のより軽いって Android も進化したもんだなぁ…)

3. まとめ

 Android 4.4.4 KitKat になった Xperia arc を入れようと思った理由は専ら Android 5 をいれたかったからなのですが、CM12 はまだ出てない。

 あと、ここからは俺の想像なんですけど、Android 5 で採用されている ART (contains Ahead of Time Compile) が結構重荷。ストレージが小さいのにアプリが 2 重 (JVM と native code) になるので、容量食う問題が出てきます。これを解決するにはいろいろと辛そう…

 といった感じで、KitKat な端末を楽しみたいなーって思います。