モノトーンの伝説日記

OBS Studio と Blackmagic Design が大好き。

ドンキーコング トロピカルフリーズを買ってプレイした感想。しょにち

 今日、Amazon から届いたトロピカルフリーズについて書いていこうと思います。

概要

  1. まえがき的な何か
  2. 挫折しそう
  3. いいところ
  4. わるいところ
  5. 総合評価

f:id:mntone:20140306232458j:plain

1. まえがき的な何か

 実は横スクロールドンキーはこれが初めての挑戦かもしれません…

 家に、ドンキーコング 64 はありますが、スーパードンキーコング系は全くないので。あ、でも GB 版はありますけど、挫折した覚えしかない… (ドンキーってやっぱり難しくてあれだよねーw)

 いつも通りちまちまスクショを OneDrive (名前変わって違和感…w) にあげているんですよねー。ちなみに、描画解像度は 1280x720p で、LPCM 5.1 ch 対応らしいです。(アップスキャンの 1920x1080p 出力は対応している)

2. 挫折しそう

 え、こんなに難しかった!?

って感じで始まりました。うーん、横スクロールは大の苦手の分野です。ただ、実況を見てて楽しくなるんだよなぁ、これが… 横スクロールはマリオも苦手ですから本当につらいですね。

 でも最近、ゲームやってて子供のころより楽しいって感じがしないというか… うーん、アクションに関して苦手になってきたのかなあ… タイミングよく押す行為があんまり得意じゃないのかよくわかりませんが…

 ゼル伝ばっかりプレイしているので、上始点の 2D ゼルダと、バックカメラ始点の 3D ゼルダしかできないです^q^

 1-3 で何回死んだことやら… まだ、ステージ 1 ですよ… ボス戦も苦戦したしw うーん、ちょっと前のゲームが簡単だったのかなぁ… 最近またゲームの難易度が昔と同じレベルになってきている気がします。

3. いいところ

 やっぱり HD ですね。ドンキーの毛並がふっさふっさですw

f:id:mntone:20140306233218j:plain

 ふっさふっさなの、ふっさふっさ。

 ↑訳が分からないよ。

 スーパードンキーコングシリーズを受け継いでいるなーっていう感じはしました。

4. わるいところ

 画面の情報量が多すぎて、前景オブジェクトなのか、背景なのか区別がつきにくい。

 マジです。これは思った。あ、あれぇ? これ背景じゃないのか、みたいなのが。このあたり何とかしてほしいです…

 あと LOADING 中、ドンキーが動くアニメーションがあるのですが、それでカクつくのはさすがにやめて… 滑らかにして…

5. 総合評価

 ステージ 1 からぶっ飛んでるのでよし!w いやぁ、私でさえ苦労させられるゲームって歯ごたえあるし今後が楽しみですね。こういうアクションゲームってやっぱり “感覚” が大事だと思うので、ある程度習得していかないとなぁ、という感じ。

 どのゲームタイトルにしろ、やっぱりそれぞれの操作の癖があるんです。で、それはプログラムで書かれているので裏切らないし、変わらないと。逆にいえば、人間慣れたらそのプログラムに最適な操作ができるようになるわけです。

 まあ、ツタをつかみそこなうとか、そういう行為を最近やっていなかったので、ちょっとリハビリ感覚ですかね。

 完全評価はできないんだけど、おおむねつかみはおkじゃないですかね。難しいけども。この理不尽さがよろしいんですよ(ry (完全に毒されている筆者ですが、レトロゲームはやっぱり 1 度や 2 度でクリアできるものなんてそうなかったのです!)

 今後が楽しみ。どれだけ俺が死んでいくのだろうか。

さいごに

f:id:mntone:20140306233951j:plain

 なんでお魚が矢の代わりなの?w

 おしまい。

追記

 コントローラーは Wii U Pro コントローラーでプレイしました。ほかにも、Wii U GamePadWii リモコン横持ち、ヌンチャクスタイルです。ま、いろいろなもので遊べるってことで。

 GamePad only play もサポートしています。